« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/30

ハートのスイッチを押して 時の歯車錆びる前に

おはろー!

 半年くらい前に、競馬フリーライターの>佐々木敏守先生が新しいパソコンを買ったので、お古をもらいました。
 もらったまま使い道がなくて放置してたんだけど、サブとして使えるかなと思ってセットアップしてみました。

 まずね、もう放熱口がほこりだらけ。カバー開けてもどこもかしこもほこりだらけで。
 とりあえず、デッキとかI/Oパネルとか取り外せる物は全部取り外して、掃除機とエアーダスターでほこりを除去。

 きれいになったところで、組立直してスイッチを入れたら・・・あれ?入らない。
 電源ボタンを押してもスイッチの感覚がないっていうか。

 もう一度カバーを開けて中をあけてみたらこんな感じ。

DELL 3100Cのスイッチの仕組み

DELL 3100C
 ケースのボタンから続く透明のバーが、ボタンスイッチを押すような原理になってるんだけど、バーとスイッチの間に隙間があって、物理的に押せないし。
 たぶん、何かの部品があったんだろうけど、気付かずどっかに飛ばしてしまったんだろうね。

 まぁ、普通はここで諦めるんだろうけど、なんか悔しいし。
 プラスチック片をバーの先端にくっつけてスイッチに届かせるか・・・とかいろいろ考えたんだけど、イマイチで。

 そんなこんなしてる時に、『モーニングバード』を見てたら、「島谷ひとみのなでしこスタイル」って言うコーナーで、”髪の毛より細いバネ”っていうのを紹介してて、おお!バネをかませたらいいんや!と思って、道具箱を探してたら、ちょうどいいバネが出てきたのよ。 長いバネを1mm単位くらいで切ってくっつけて、また切ってくっつけて・・・ってやっていったら、ちょうどいい具合にスイッチが押せるようになったとさ。

バネをくっつけた図

DIMENSION

 私はシステム屋なので、ハードウェアはよう分からんけど、まぁ、ダメ元でやってみるもんやね。
 ちょうど、前の日も家の電気ケトルがスイッチつかない、って意味分からずにいじってたらつくようになったし。

 佐々木先生、使わせてもらいますよ!


オルフェーヴル今年初戦!産経大阪杯予想!
開設17年!伝統と実績の「競馬キャラクター」
 

競馬キャラクター

G1第14回名人戦・ドリーム戦(4月14日(火)/びわこボート)の予想は「ボートレースキャラクター」で!

ボートレースキャラクター

| | トラックバック (0)

2013/03/22

第43回高松宮記念予想でキャベツ白書

おはろー!

 今週は今年のG1レース第2弾の第43回高松宮記念
競馬キャラクター データ的に重視したいのは前走。この3年の優勝馬はすべてオーシャンステークスに出走した馬。2着はすべて阪急杯の馬。やっぱりローテーションというのは重要で、間隔が詰まってたり、開きすぎは減点になるもの。
 この2つのレースが前走の馬は17頭中10頭。これで半分に絞れるね。
 ここから前走7着以下の馬は・・・3頭いるね。これで7頭に絞れました。
 アタマは過去5年の10頭中3勝で連対率6割の5歳馬。そうなると残るのは4頭。そこから選びましょ。
 そんなアバウトな消去法をやっても有力馬が残るね。
 人気があるのにデータに引っかからない時は、やっぱりその人気馬がこなくていい配当になったりするけど、人気&データがどちらも当てはまっちゃったらしょうがない。
 アタマはロードカナロア!!!
 あとはヒモを考えましょう。

 続きは競馬キャラクターで!

伝統と実績の「佐々木敏守の競馬キャラクター」 

競馬キャラクター


 ということで、約1ヶ月ぶりのブログ更新となりました。
 昨年は1ヶ月毎日更新するっていうのをやったけど、今度は逆に1ヶ月更新しないっていうのをやってみました。

 まぁね、ネタがなかったのもあるけど、どこも行かなかったし。忙しかったのもあったし。
 っていうか、画像編集の作業を3週間ずっとやってた時、いつものように肩と手首が痛くなるのはしょうがないけど、寝て朝起きたら、なんと右手の小指が左手の小指の1.5倍くらいに肥大してね。
 徐々に治ってくるんだけど、次の朝に起きたらまたむくんでてっていうのが、ずっと続いて。痛いけど、病院行ってるヒマ無いし。テーピングしたりサリチル酸の薬を塗ったり。まぁ、いまは落ち着いたけどね。焦ったで。
 あとは花粉症・・・こればっかりは・・・。

 ということで、この前の休みに作ったお昼ご飯。

焼きそば
 焼きそばだけどね。袋麺の。
 カップ焼きそばはどうもソースが苦手で。袋麺の方は、キャベツと卵とベーコン入れて、麺を卵に絡ませるようにするのがおいしいよ。

栗原あゆみ

| | トラックバック (1)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »